Artlist(アートリスト)のリアルな評判や口コミ【利用歴3年の筆者のレビュー付き】

この記事は以下のように考えている方におすすめです。

  • Artlist(アートリスト)を広告やSNSで見かけて気になっているんだけど、本当に良いサービスなのか気になる
  • Artlistの評判や口コミを知りたい

Hayato(運営者)

動画制作に興味をお持ちであれば、YouTubeやインスタグラム等でArtlistの広告を見かけたことはあるのではないでしょうか。

本記事では、『Artlistは本当に良いサービスなのか』『妥当な価格なのか』というところまで実際の口コミを用いながらしっかりと切り込みます。

良いところは良い、ダメなところはダメという感じで、容赦なく書いていきます。


目次

そもそも有料サイトの音楽・効果音を使用して動画を作る理由

このセクションは、動画制作初心者向けの内容となっています。既に有料サイトを使用していて「そんなの当たり前だわ!」と思う方は次の見出しまで飛ばしてくださいね。


今やネット上には無料で利用できる音楽が溢れています。「音楽 無料素材」みたいな感じで検索すれば、無料で使える音楽素材が大量に見つかります。

音楽はその辺ですぐに拾えるのに、なんでわざわざ利用料金を支払ってまで音楽素材や効果音を手に入れる必要があるの?

と思うかもしれませんが、有料サイトを使う理由は大きく分けて2つあります。

  1. 素材の質が高く、動画全体の質の向上に繋がる
  2. ライセンスや著作権の面で安心

素材の質が高く、動画全体の質の向上に繋がる


言うまでもないと思いますが、有料サイトで提供されている音楽素材は全体的に質が高いです。

基本的には、素材を有料サイトに提供をしているクリエイター(ミュージシャン)は、それらの素材が多くの人に利用されるのに比例して、報酬が高く支払われることになっているので超本気。※ 報酬システムに関しては一部例外あり

また、Artlistではプロによる素材の審査が1つずつ行われているため、素人が制作したような曲は全く提供されていません。そういった素材の提供を許してしまうと、サイト全体の評判が落ちるので当たり前ですよね。


動画においては、音の質が、映像の質よりも重要であると言われることもあります。そのため、質の高い音楽・効果音素材を使うことで、自然と動画全体の質が向上します。


ライセンスや著作権の面で安心


有料サイトでは、そのサイトで定めれているルールさえ守っておけば、安心して素材を使用することができます。万が一、何かトラブルがあったとしても、サポートに問い合わせれば守ってくれます。(常識の範囲内であれば)

一方で無料サイトはそういった安心感はありません。

例えば、無料サイト上で「ここの素材は自由に使うことができますよ」と書いてあっても、実は他のサイトからとってきた素材だったなんてこともありえます。下手したら、そのサイト主ですら、著作権的にアウトであることに気づいていない可能性も。



サイト運営者に問い合わせて「使っても良いですよ」と許諾の返事をもらったとしても、実はその著作権は海外のよく分からない団体が管理していたなんてこともあります。

実際に、「日本ではOKだけど海外ではNG」みたいな事例があります。YouTubeだと公開してしまえば国は関係ないので、容赦なく著作権侵害の通知が来たりします。(複数人・複数の団体が著作権を保持しているというめんどくさい事例もあり)

こうなったら、そのまま収益なしの状態にするか、音楽を差し替えて再投稿する必要があります。時間がもったいないですよね。

まだYouTubeは自動で検知してくれるので良い方。もしこれがクライアントから依頼された商用動画だったとしたら大変。動画公開後に著作権者から訴えられたら大問題に繋がってしまいます。

自分の評判を落としかねない上に、損害賠償を請求される可能性も出てきます。こうなったら金銭的・精神的ダメージがかなりのもの。

無料のものにはそれと引き換えに、何かネガティブな理由があったり、直接的・間接的に失うものがあったりしますので気をつけておきましょう。


Artlistを利用するメリットを他社と比較しながらまとめてみた

Artlistの利用するメリット
  • 音楽・効果音素材の質が高い
  • 料金が安い(コスパが高い)
  • 提供している音楽・効果音素材の数がかなり多い
  • 機能性が高く、使い勝手がいい
  • 求めている素材が見つかるまでの時間が短い
  • ライセンスがシンプルで安心
  • サイトの成長スピードが爆速

では、これらを1つずつ簡潔に解説していきます。

音楽・効果音素材の質が高い

世界中の映像クリエイターがArtlistに魅了される最大の理由の1つは、音楽・効果音素材の質が高いということ。

世界中から集まった選りすぐりのミュージシャンやクリエイターによって制作された音楽素材ばかりが提供されていて、大企業のCMでも多数使われているほど。

以下は実際に使用された例です。

使用曲「Fortitude by Lance Conrad

映像と上手くマッチしていて、良い感じですね。

僕は他にも、海外のサブスク型の音楽素材サイトを複数使用したことがあり、その経験から言うとArtlistが提供している音楽素材のクオリティは間違いなくトップクラスです。

その理由もあってか、最近では日本のWeb広告やテレビCMなどでもArtlistで聴いたことのある曲が流れる機会が増えてきています。


あと、Artlistの音楽は質が良いだけでなく、おしゃれな曲が多いんですよね。コンテンツに使用しなくても、聴いているだけで気分が良くなるレベル。ついつい何度も聴いてしまいます。



料金が安い(コスパが高い)


Artlistには3種類の料金プランがあります。

  1. 音楽のみ(Music)- $199/年
  2. 効果音・環境音のみ(SFX)- $149/年
  3. 音楽とSFX – $299/年
  • $ = 米ドル
  • これ以外の追加料金や隠された料金ありません

どのプランもサブスクリプション型で、各プランに応じた種類の素材がダウンロードし放題となります。

音楽のみのプランを見てみると、1年間で$199(約21,000円)なので、月額換算すると約1,800円となります。初めて有料の音楽・効果音素材サイトを使う人からすると、高く感じるかもしれませんね。

でも率直な意見を言うと、大企業のCMで使用されるほどの高品質な音楽が使い放題でこの価格は常識破り。

動画広告で使用される音楽の使用料は、たったの1曲でArtlistの年間料金を上回ることが多々あります。それを考慮すると、Artlistはかなりお得です。

また、Artlistは数年前と比較すると素材数・機能・使い勝手などにおいて大幅に改善されているにも関わらず、音楽プランの料金はずっと変わっていません。僕が使い始めた頃と比べるとお得感が増しています。

あとここで、もう1つ触れておきたいことがあります。それは、無料サイトと比較すると、動画にピッタリの音楽を見つけるまでの平均時間が短くなる傾向があるということ。その理由については後述します。


無料特典あり

下のリンクをクリックして登録すれば、Artlistが2ヶ月分無料になる特典を獲得することができます。(音楽のみのプランなら3,500円ほど節約可能)


>> Artlistの公式サイト(2ヶ月無料特典付き)

  • 無料特典は自動付帯です。リンク経由で登録するだけで特典を受け取ることができます。
  • Artlistのポリシーの変更により、特典が無効になっている可能性があります。特典が有効な場合は、リンク先のページで「Get 2 extra months」と表記されているはずです。
  • この特典を獲得すれば、12ヶ月分の料金で14ヶ月間利用できます。(初年度のみ)

提供している音楽・効果音素材の数がかなり多い


Artlistが提供している楽曲数は、18,000曲以上。SFX(効果音・環境音)の方は、24,000音以上となっています。(執筆時点で)

そして新曲・新しいSFXは、ハイペースで追加され続けているので、全ての素材をチェックするのはほぼ不可能なほど。有料サイトならではという感じですね。

最近では日本人アーティストが提供している素材も見かけるようになってきました。日本人特有のスタイルや日本語で歌われている曲も多数見つかりますので、以前と比較するとだいぶ使いやすくなってきています。

この勢いで、Artlistに楽曲提供する日本人アーティスト・ミュージシャンがもっと増えてくれると嬉しいですね。

以前、あるArtlistアーティストが報酬額を公開していたのですが、結構な額でした.. 

Artlistの料金は低めに設定されているものの、国内外問わず利用者が多いことから、アーティストにロイヤリティ料がしっかりと支払われる仕組みとなっているようです。もし普段から作曲されているのであれば、ぜひ申し込んでみてくださいね。


機能性が高く、使い勝手がいい

Artlistは機能性も高くてトップクラス。Artlistには以下のような機能があります。

  • 素材の絞り込み
  • 素材の並べ替え
  • プレイリスト(コレクション)の作成
  • お気に入り登録(素材、アルバム、アーティスト)
  • キーボードショートカット
  • テーマ毎に分けられた数多くのプレイリストの閲覧
  • ダウンロード履歴の表示
  • 似たような曲を複数表示

無料サイトでは見つけることができない機能が満載ですし、有料であってもここまでの機能があるサイトは数える程しかありません。

これらの機能のおかげで、素材を数万点あっても迷うことなく、ターゲットとなる素材を短時間で見つけることができるようになっています。

また、機能を実装したら終わりというわけではなく、それらの機能はしっかりとアップデートされています。



探し求めている素材が見つかるまでの時間が短い

Artlistは機能性が高いことから、僕の経験上、他のサイトよりも探し求めている素材が見つかるまでの時間が短いです。

また、無料サイトよりも”ハズレ曲”に出会う確率が低いことも時短となる理由の1つ。

使える機能を駆使した効率的な素材の探し方は以下の記事にまとめてありますので、時間に余裕がある時にチェックしてみてくださいね。


ライセンスがシンプルで安心

ライセンスがシンプルっていうのは、Artlistを使う最大のメリットの1つ。

有料サイトの利用者の大半は「著作権問題を回避したい」というのが1番の理由で利用し始めたはず。せっかく動画を作っても著作権侵害をしてしまっては収益化できなかったり、最悪の場合、損害賠償請求されることもありますし。そうなるなら、とっとと有料サイトを使う方が理にかなっていますよね。

Artlistの音楽・SFX素材は、個人・商用利用問わず、YouTubeやSNS、動画広告などで幅広く使うことができます。とにかくその用途が広くて、Artlist公式の動画広告でもそれを強調しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちらから
目次
閉じる