ArtlistとEpidemic Soundを徹底比較!音楽素材サイトはどっちを選ぶべき?

この記事は以下のように考えている方におすすめです。


Hayato(運営者)

現時点では、Artlist(アートリスト)とEpidemic Sound(エピデミックサウンド)、これらの2つのサイトが定額で無制限ダウンロード可能な音楽素材サイトとして世界的に有名です。
 
ちなみに僕は現在、Artlistをメインで使っていますが、以前はEpidemic Soundだけを使っていました。
 
公平性を保つために、この記事を書く前に改めてEpidemic Soundを調査しました。
 
両方とも使った経験のもと、正直に言うと、どちらもおすすめ
ただし、どちらにも良いところとイマイチなところがあります。
 
どちらを選ぶべきかは「自分がどういった目的を持っているのか」や「自分は今どんな状況なのか」「どういった使い方をしたいのか」などによって答えが変わります。
 
この記事では2つのサイトを徹底的に比較・解説して、「どっちを選ぶべきか」という答えを明確にしていきたいと思います。
 
尚、この記事はタイアップ投稿ではなく、中立的な立場で比較しています。

本記事記載の内容は、2021年3月時点で公式サイトなどから調べた情報です。常に最新の情報を掲載できるように努めていますが、価格やサービス内容など、現在と相違がある可能性があります。
 
最新の正確な情報はそれぞれの公式サイト(Artlist, Epidemic Sound)で確認するようにしてください。


まず先に結論としては、ArtlistとEpidemic Soundはそれぞれ下記のような方にオススメします。

Artlistはこんな人におすすめ
  • 音楽を探す時間を短縮したい
  • 2度と音楽の著作権の心配をしたくない
  • 動画広告、結婚式ムービー、企業のPR動画などにも幅広く使いたい
Epidemic Soundはこんな人におすすめ
  • とにかく安さ重視
  • 無料お試し期間がほしい
  • 月払いがいい
  • 複数のSNSやYouTubeアカウントで使うつもりはない

目次

ArtlistとEpidemic Soundをカンタン比較

この記事で詳しく解説する比較のポイントを表にしてまとめてみました。

以下は、ArtlistとEpidemic Soundの簡単な比較表です。

ArtlistEpidemic Sound
音楽と効果音の質⚪︎
音楽と効果音の数⚪︎
機能性⚪︎⚪︎
使いやすさ⚪︎
料金⚪︎
ライセンス⚪︎
将来性⚪︎
返金保証ありなし(無料お試しあり)
ArtlistとEpidemic Soundの比較表
  • 表内の評価は自分の経験と他の方のレビューを元に、総合的に判断しました

じゃあ、ここからは1つずつ詳しく比較していきますね。


音楽と効果音・環境音の質の比較

まずは超大事なポイントである音楽と効果音・環境音の質(クオリティ)の比較から。

間違いなく、どちらもテレビCMで使っても全く違和感のないほど質の高い曲を大量に扱っています。

ただし、Artlistの方が安定して曲のクオリティが高いです。

また、鳥肌が立つほどの素晴らしい曲がArtlistでは簡単に見つかります

なので曲探しが楽しくなってしまうほど。

以下のArtlistのCMは、「Artlistの音楽は良すぎて、働いていることを忘れてしまう」というのがテーマとなっているのですが、実際にArtlistを使ってみるとまじで共感します。


Artlistは効果音や環境音も質にこだわりを持っていて、そのまま映画で使えるレベルだと感じます。

実際、Nikeやサムスン、BMWといった世界的に有名なブランドのCMでもArtlistの音楽がよく使われています。(これはライセンスと料金も関連あり)

使用例はここから確認することができます。


一方で、Epidemic Soundは音楽の質のバラツキがどうしても気になってしまいます。

間違いなく、数え切れないくらいの素晴らしい曲はあります。

ただし、そうでない曲もなかなかの数があるように感じます。(アーティストには失礼ですが… どうしても動画で使いたいと思えないんです…)

それが原因で、「これだ!」と思える曲に出会うまでに時間がかかってしまいます。

僕がEpidemic Soundをメインで使っていた頃は、曲探しに時間がかかりすぎてストレスを感じていました。

Artlistに切り替えてからは、明らかにその時間が減ったように感じます。

なので、全体的な音楽と効果音・環境音の質を比較するなら、Artlistが優勢だと言えます。


音楽と効果音・環境音の数はどう?どっちのサイトの方が多い?

音楽と効果音・環境音の数に関しては、現時点ではEpidemic Soundの方が多いです。

(ここからは効果音と環境音をまとめて”効果音”と書いていきます。何度も繰り返すのは鬱陶しいかもしれないので)

ArtlistEpidemic Sound
曲数18,000曲+約32,000曲
効果音の数24,000音+約64,000音

Artlistの効果音の数に関しては、情報が公開されてないようなので不明と表示しました。

ただ、Artlistが効果音の配信を開始してから1年も経ってないので、間違いなくEpidemic Soundよりは少ないはずです。

曲数を見ても、Epidemic SoundがArtlistを圧倒していますね。

両サイトの運営歴を比較すると、Epidemic Soundのほうが7年くらい長いので自然な結果だと思います。


Epidemic SoundではStem(ステム)も利用可能

Epidemic Soundでは、1つの完全なオーディオファイル(フルミックス)の中に収められている4つの音楽的要素(Stem、ステム)を別々でダウンロードできます。

Epidemic Soundの曲のステム

例えば、ドラムのステム、ベースのステム、楽器のステム、メロディーのステムといったような要素に分けられます。

これがあることで「この曲はいい感じなんだけど、この要素はいらないな。違うバージョンがあるといいな」と思った時に便利。

Artlistには残念ながら、ボーカルあり/なし、短いバージョンの選択肢くらいしかありません。


機能性は大差なし

機能性に関してはどちらも同じくらいかなという印象です。

ジャンルやムード、長さなどで曲を絞り込むことができたり、

新着順や人気順に並べ替えられるといった基本的なことは両サイトで出来ます。

Artlistの絞り込み項目
Artlistの絞り込み項目
Artlistの並べ替え項目
Artlistの並べ替え項目

また、自分だけのプレイリストを作ってお気に入りの曲を整理することもできますし、

キーボードショートカットも使えることで、曲探しの時間を短縮することができます。

Artlistのキーボードショートカット
Artlistのキーボードショートカット

あと、各サイトに元々ある数多くのプレイリストもかなり便利。

なかなか良い曲が見つからない時にプレイリストを再生してみることで意外と良い感じの曲が見つかったりします。

Epidemic Soundのプレイリスト(アルバム)一覧
Epidemic Soundのプレイリスト(アルバム)一覧

Epidemic Soundの方は海外の有名なYouTuberとのコラボがよくあるようで、彼らがよく使っている曲のプレイリストがあるので、

海外のおしゃれなYouTuberっぽい雰囲気を出すならEpidemic Soundだと簡単かも。(パクりだと思われる可能性はありますが)


使いやすさはArtlistが優勢か

機能性に関してはほとんど差はありませんが、使いやすさは別の話。

はっきり言うとArtlistの方が使いやすいです。

Artlistのシンプルで洗練されたサイトのデザインがとにかく好き。

迷うことなく直感的に使うことができるようになっています。

一応Artlistの使い方の解説記事もあります。


Epidemic Soundは最近デザインが一新されたのですが、完全にArtlistに寄せてきました(笑)

【旧デザイン】

Epidemic Soundの旧デザイン

【新デザイン】

Epidemic Soundの新デザイン

これによってArtlistのようなシンプルなデザインになった…

と思いきや、項目やメニューがズラッと並んでいてゴチャゴチャ感が…

慣れれば問題はありませんが、もう少し改善できそうに思えます。

これは好みが分かれるところではありますが。


Artlistでは音の波形が一覧表示される

Artlistでは曲を一覧表示した時、1曲ごとに音の波形(ウェーブフォーム)が表示されます。

Artlistの音の波形一覧

波形を見れば、一瞬で曲の大体の雰囲気がなんとなく分かったりします。

「この曲は単調すぎるな」とか「BGMとして使いたいだけなのにこんなに強弱の激しい曲は必要ない」など。

つまり、波形を一覧で確認できることで、単純に時間の短縮につながります。


また、Artlistのキーボードショートカットである、

「X」→「前の曲へ戻る」、「C」→「次の曲へ進む」を使って、

左手で前後の曲に進む操作+右手で波形をクリックして曲内をスキップしながら聴くことで爆速で曲探しをすることができるようになります。


Epidemic Soundでは再生中の曲しか波形が表示されないので少し都合が悪いです。

Epidemic Soundの曲一覧ページ
Epidemic Soundの曲一覧ページ

小さなことですが、これから何百曲、何千曲と試聴するとなれば、結果的に大きな差となります。

こういったこともあって使いやすさはArtlistの方が優勢かと。

次に料金の比較をしていきます。


各サイトとも複数の料金プランあり

料金についてはそれぞれ3つのプランに分かれていますが、特徴が大きく異なります。

Artlistの料金

Artlsitの料金表

Artlistの料金は以下の通り。(または上の画像の通り)

  1. 音楽+効果音&環境音(Music + SFX)➡︎ $299/年
  2. 音楽のみ (Music) ➡︎ $199/年
  3. 効果音&環境音(SFX) ➡︎ $149/年

※ $ = アメリカドル


一応3つの料金プランがありますが、3番目の効果音&環境音のプランを選ぶ人はほとんどいないので、実質2つのみかと。

なので、選択は簡単ですね。

音楽だけじゃなく、効果音や環境音も必要なら1番目。それ以外は2番目という感じで。

音楽のみプランだと、1ヶ月あたり1700円くらい。

ちなみに、Artlistでは年払いのみ可能で、月払いには対応していません。

これは少し残念ですね。

ただし、Artlistのスゴいところはどのプランを選んでもライセンスの内容(どんな用途に使えるか)に変化はないということ。

後ほどライセンスについて詳しく解説します。

以下のボタンからArtlistのサブスクを登録すると、12ヶ月分の料金で14ヶ月使えるようになります。
つまり2ヶ月分が無料で付いてきます!


>> Artlistの公式サイトを開く(2ヶ月分の無料特典は自動付帯)


  • Artlistのポリシーの変更により、特典が無効になっている可能性があります。特典が有効な場合は、リンク先のページで「Get 2 extra months」と表記されているはずです。
  • この特典は初年度のみ有効

Epidemic Soundの料金

Epidemic Soundの料金表

Epidemic SoundもArtlistと同じように3つのプランあり。

月額年額
個人プラン(Personal)$15$144
商業プラン(Commercial)$49$299
企業プラン(Enterprise)要連絡要連絡

※ $ = アメリカドル


企業プラン(Enterprise)は比較的大規模な企業・メディア向けなので料金については問い合わせる必要があります。

残る2つについては、商用利用するかしないかによって選択が変わります。

個人プラン(Personal)は、基本的にYouTube, InstagramなどのSNSでのみ利用する方向けです。

料金が安いのは魅力的ですが、各プラットフォームにつき1アカウントまでしか利用できない制限付き。

YouTubeの広告収益は受け取ることができますが、複数のアカウントで使用してしまうと著作権違反の通知が来るので注意が必要です。

以下は複数のチャンネルで使用して著作権侵害の申し立てが来た例です。


Epidemic Soundでは登録の際に各SNSアカウントの紐付けが必須なので、規約違反はすぐに気付かれてしまう仕組みとなっています。

Epidemic Soundのアカウント紐付け画面
アカウント紐付けをする画面

商業プラン(Commercial)だと、SNSアカウントに加えて、動画広告など、クライアント用の動画にも使うことができます。

プロの映像クリエイターならこのプランが適しているかと。

年払いだと$299/年なので、Artlistの音楽+SFXプランと同じ料金ですね。


ちなみに、Epidemic Soundには30日間の無料お試しがあります。

これは嬉しいですね。


>> Epidemic Soundの公式サイトを開く(30日間の無料お試しあり)


軽視すると危険!ライセンスについて

先ほど触れたようにArtlistではどのプランを選んでもどんな用途に使えるかという点で違いはありません。

SNS、動画広告、結婚式ムービー、テレビCM、ポッドキャストなど、超幅広くカバーされています。

これはArtlistの1番の強みであり、僕がArtlistを使う最大の理由です。

もう著作権の心配をしなくて良いのが最高。


一方で、Epidemic Soundはプランによって使える用途の範囲が変わってしまいます。

これをしっかりと理解しておかないと、後々めんどくさいことになります。

YouTube動画の収益化ができなくなったり、動画の削除依頼が来てしまったり…

これはYouTubeに限らず他のプラットフォームでも普通に起きるようです。

Epidemic Soundを使うなら、忘れずに各プラットフォームの自分のアカウントを登録しておきましょう。

おそらく以下もしっかりと登録ができていないことで問題が起こってしまったようです。


将来性は?Artlistの方が勢いあり?

少し前まではEpidemic Soundが絶対的強者でした。

しかし、現在ではArtlistの勢いがスゴく、Epidemic Soundに迫っている、または同じくらい人気である印象を受けます。

実際、Epidemic SoundからArtlistにシフトする人が続々と現れています。

また、Artlistは投資会社から巨額の資金調達に成功したり、広告を出しまくって急激に成長中。

このままだとArtlistが将来的に独走するのではないかと予想しています。

人気になればなるほど、今よりも機能が増えて便利になったり、曲数や効果音数が増えたりと自然とお得になっていくはず。


あと、意外と知られていないのですが、Artlistには友達紹介プログラムがあって、

Artlistを10人に紹介すれば一生無料で使えるようになったりします。


おそらく他のユーチューバーやブロガーの方々はライバルが増えるのを避けるためにこの情報を公開していないのかも。


Epidemic Soundでは1人紹介するたびに、次回の支払いで使える15ドル分のクレジットがもらえる仕組みとなっています。

Epidemic Soundの友達紹介プログラム

各サイトの解約条件と返金保証は?

両サイトとも、解約条件は特にありません。

いつでも好きな時に解約することができるようになっています。

返金保証に関しては、

Artlistは、登録から14日以内で、その期間内に音楽や効果音を1度もダウンロードしていなければ、返金可能。

Epidemic Soundでは返金保証制度はありません。

その代わりとして、30日間の無料お試しがあります。

その期間中にサブスクを解約すれば料金を請求されることはないので、Artlistよりはハードルが低めですね。


口コミや評判はどんな感じ?

最後にArtlistとEpidemic Soundの口コミや評判をいくつかTwitterからお借りして紹介してみますね。

結論

ここまで読んでくださったなら、結論は不要かもしれませんが一応。

1年分の料金をまとめて支払うことができる予算があるなら、とりあえずArtlistで間違いないかと。

もし、懐が寂しかったり、有料の音楽素材サイトを使うのが初めてで不安ならEpidemic Soundが良い選択肢かと思います。

あと、最後に一言。

あまり深く考えすぎないようにしましょう。

選択に時間を費やすのではなく、思い切ってどちらかを選んで、コンテンツ作りに自分の大切な時間を費やす方が効率的です。

時は金なり。

つくづくそう思います。


>> Artlistの公式サイトはこちら(2ヶ月分の無料特典は自動付帯)

  • Artlistのポリシーの変更により、特典が無効になっている可能性があります。特典が有効な場合は、リンク先のページで「Get 2 extra months」と表記されているはずです。
  • この特典は初年度のみ有効

>> Epidemic Soundの公式サイトはこちら(30日間の無料お試しあり)

※ Epidemic Soundのポリシーの変更により、お試し期間が変更されている可能性があります


追記: 先日、読者の方から「登録方法がよくわかりません、教えてくれませんか?」というメッセージをいただきましたので、ついでに、ここで情報を共有させていただきますね。

Artlistの登録方法

Artlistの登録方法は以下の記事で解説してあります。

Epidemic Soundの登録方法

まずは公式サイトを開いて、「Start free trial」をクリックします。

Epidemic Soundの無料お試し開始ページ

すると素材の使用用途を聞かれますので、用途に合わせて、「Music for my personal channels」または「Music for my clients or business」を選択します。

Epidemic Soundのプラン選択

「Personal」はYouTubeやSNSのみに使用する場合、1つのプラットフォームにつき1チャンネル(アカウント)のみ使用する場合に適しています。

「Commercial」は、複数のチャンネル(アカウント)での使用、クライアントから依頼される広告制作などの使用に適しています。

Epidemic Soundのプラン表

プランを選択したら、アカウントを作成します。メールアドレスとパスワードを入力したら、「利用規約(End user agreement)」と「Privacy policy(プライバシーポリシー)」に目を通して、チェックボックスにチェックを入れます。

Epidemic Soundは16歳以下だと登録不可。17歳以上の場合のみチェックボックスにチェックを入れて、「Continue(次に進む)」をクリックします。

Epidemic Soundのアカウントの作成ページ

次に、あなたのYouTubeチャンネルのURL(リンク)、SNSのユーザーネームを入力します。ここでアカウントを登録しておくことで、著作権のトラブルを回避することができますので、忘れずに登録しておきましょう。

Epidemic SoundにYouTubeおよびSNSのリンク、ユーザーネームを登録するページ

次のページで、注文内容の確認&お支払い情報の入力をして、「Start free trial」をクリックすれば、登録完了です。以下の画像のように「1 month free」 と表示されていれば、最初の1ヶ月間は無料でEpidemic Soundを使用することができます。

Epidemic Soundのお支払いページ

最後に、登録したメールアドレス宛に送られてくるメールを開き、「Verify email(メールの確認)」をクリックして終了です。

Epidemic Soundから送られてくるメール

おつかれさまでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアはこちらから
目次
閉じる