Shutterstockとは?レビューも含めて徹底解説!【料金・著作権など】

Shutterstock(シャッターストック)

この記事は、次のような悩みや疑問をお持ちの方におすすめです。

  • Shutterstock(シャッターストック)をYouTubeやブログで知ったんだけど、本当に良いサイト?
  • Shutterstockはどんな用途に使えるのか知りたい
  • どのプランを選べばいいのかよくわからない
  • Shutterstockは安全??
Hayato(編集長)

画像や音楽、動画素材を探しているなら「Shutterstock(シャッターストック)」は外せません。

日本だけでなく世界中のクリエイターや企業がコンテンツ作りで使っているサービスで、高い人気を誇っています。

この記事では、Shutterstockの特徴や良い点・残念な点などをお伝えします。

最後まで読むことで、Shutterstockを使うべきかどうかの判断がつく内容となっています。

この記事は、Shutterstockの素材をダウンロードしてコンテンツ制作で使用したい方に向けて執筆しています。コントリビューター(寄稿者)向けではありません。

タップできるもくじ

Shutterstock(シャッターストック)とは?

Slide

画像や動画素材を探すと、必ずと言っていいほど見つかる「Shutterstock(シャッターストック)」。

2003年のサービス開始以来、個人だけでなく数多くの企業からも高い支持を得ています。

いまでは当たり前のようになっている「サブスク型のデジタル素材サイト」を世に広めたことで知られ、パイオニア(先駆者)的な存在となっています。

もともとは画像専門でしたが、現在は以下のような種類の素材も幅広く、そして、数多く提供しています。

  • 動画
  • 音楽
  • 効果音
  • テンプレート
  • 3Dモデル

本記事の執筆時点では、なんと4億点以上の素材を取り扱っています。(画像・写真・イラストだけで3億5,000万点超え)

まさにクリエイターにとって宝庫のような存在。

これだけの素材数があることで、複数のサイトをハシゴして探す手間を省くことができます。

新たなプランの登場によって、多種類の素材を必要をする方にとっても使いやすいサイトとなりました。(詳細は後述)

Shutterstockのユニークなツールと機能

Shutterstockは、画像などのデジタル素材を提供しているだけではありません。

以下のような、素材を素早く、最大限に生かすためのツール・機能がそろっています。

  • Shutterstock Editor
  • Shutterstock AI
  • モバイルアプリ(Android, iOS)
  • プラグイン
  • 画像サイズ変更ツール
  • ファイル変換ツール
  • コラージュ作成ツール
  • 高度なフィルター検索
  • 類似素材の表示

Shutterstock Editor(シャッターストックエディター)

Shutterstock Editor(シャッターストックエディター)

Shutterstockには、画像を編集できるアプリ「Shutterstock Editor」がそなわっています。

テキストの挿入、画像や背景の色変更、透明度の調整など、基本的な編集が可能です。

わざわざ別の画像編集ソフトを開く、という手間を省けるのは助かりますね。

さらに、豊富なデザインテンプレートが用意されていますので、「デザインが苦手…」という方にとっては嬉しいツールです。

Shutterstockのテンプレートはテーマごとに分かれているので、用途に合ったデザインをすぐに見つけることができます。

Shutterstock AI

Slide

Shutterstockは「AI(人工知能)」にもかなりの力を入れています。

2021年、Shutterstockは、Pattern89、Datasine、Shotzrという主要なAIプラットフォームを提供する3社を買収しました。

この結果、Shutterstockは強力なAI能力を持つことに。

例えば、赤い花の画像を探す場合、「花」というワードに加えて、色フィルターを「赤」に設定すれば、探し求めている画像が効率的に見つかります。※ これはShutterstock AIができることの、ほんの一例です

Shutterstockの「赤い花」の検索結果
「花」+「赤色」の検索結果

従来の単なる「キーワード検索」から、一歩先の「スマートな検索」へ。

検索の数が多ければ多くなるほど、素材を探す時間の短縮に差がついていきます。

少しでもスマートに、そして素早く作業をしたい方におすすめです。


>> Shutterstockで画像を検索してみる


モバイルアプリ(Android, iOS)

シャッターストックのモバイルアプリ

パソコンがなくても問題なし。スマホさえあれば、Shutterstockを利用できます。

素材の検索や共有、ダウンロードはサクッとできます。

スマホだけでSNSやYouTubeコンテンツを作っている方にとっては、強い味方となるのは間違いなし。

ベッドの上で寝っ転がりながら作業を進めたい方にもおすすめです。

高度なフィルター検索

先ほどのAIを使った「色」のフィルターだけでなく、他にもいろんな条件を設定して素材を絞り込むことができます。

絞り込み機能はShutterstockだけでなく、他のどのサイトでも使えるのですが、Shutterstockは一歩先を進んでいる印象を受けます。

例えば、「人物が写っている写真」を探す場合、以下の項目で検索結果を絞り込めます。

  • 年齢
  • 性別
  • 人数
  • 人種・民族
Shutterstockの検索結果絞り込み項目
Shutterstock – 検索用の絞り込み項目

項目の中には「日本人」もありますので、日本の方のみを対象としたコンテンツ作りの際には活躍しそうですね。※ 不正確な結果が表示される場合があります

他にも「画像のサイズ」「画像の向き」「カテゴリー」などでも絞り込めます。

複数の項目を組み合わせることで、目的にぴったりあった画像を、さらに効率的に見つけることが可能となります。

ややこしい?Shutterstockのプランと料金

Shutterstockの料金表
Shutterstockの料金表

Shutterstockは、他のストックサイトと比較すると、プランの数(選択肢)が多いです。

すべての人のニーズにあうプランを用意するために数が多くなっているのですが、そのせいでなんだかややこしくなっているのも事実。

可能な限りわかりやすく解説し、どのプランがあなたに最適なのかをお伝えします。

Shutterstockのプランは、以下の5つに大きくわけられています。

  • FLEX 25定額プラン(組み合わせ自由)
  • 画像
  • 動画
  • 音楽
  • エディトリアル

FLEX 25定額プラン

Slide

最初の「FLEX 25定額プラン」は、毎月決まった数の”クレジット”を消費して、画像・動画・音楽素材をダウンロードできるプランです。

「画像だけじゃなくて、音楽や動画もほしい!」という方にぴったりのプランですね。

FLEX 25定額プランの詳細は以下の通り。

お支払いオプションクレジット数料金
年間プラン、月払い25(1か月あたり)¥5,500 / 月
年間プラン、前払い¥55,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥7,500 / 月

急に「クレジット数が 25」と言われてもよくわからないですよね。

Shutterstockのクレジットは、ゲーム内の「ポイント」や「コイン」のようなもの。

アイテム(素材)の種類によって、1点あたりのクレジット消費量が異なります。

  • 画像1点 = 1クレジット
  • 動画クリップ1点 = 8クレジット
  • 音楽素材1点 = 4クレジット

画像を25枚ダウンロードしてもいいですし、画像+動画+音楽といった組み合わせもOK。25クレジット以内なら自由に好きな素材をダウンロードできます。


FLEX定額プランには、チームとして利用できる企業向けの「Enterprise(エンタープライズ)」プランも用意されています。ただし、決まった額が設定されているわけではなく、Shutterstockに問い合わせて価格をリクエストする必要があります。

お支払いオプションについて

  • 年間プラン、月払い・・・契約は1年ごとで、お支払いは1ヶ月ごと
  • 年間プラン、前払い・・・1年分をまとめて前払い
  • 1か月単位、継続契約なし・・・契約更新は1ヶ月ごとで、お支払いも1ヶ月ごと

Shutterstock(シャッターストック)では、初期設定は「自動更新」となっています。継続使用する予定がない場合は、更新日前に「自動更新をオフ」にしておきましょう。

画像プラン

「画像プラン」は画像(写真)だけほしい方にぴったりのプランです。

画像プランには「無料トライアル」があります。

画像プランの無料トライアル

Shutterstockをはじめて使う場合は、1ヶ月間の無料トライアルを利用できます。

無料トライアルの対象となっているプランは「画像10点の年間契約プラン(月払い)」。プランの詳細はこの後お伝えします。

無料トライアルの注意点や登録方法は、以下の記事にて解説あり。

※ 無料トライアルは地域によってご利用いただけない場合があります。


画像プランの有料版

画像プランは、大きく分けて3つ用意されています。

  • オンデマンド
  • 画像定額プラン
  • チーム

オンデマンド

「オンデマンド」は、毎月(または毎年)更新されるサブスクリプションとは異なり、必要な素材数にあわせて、その都度購入するプランです。

ですので、不定期で画像が必要な場合に適しています。

オンデマンドのみ、2種類のライセンスがあります。ライセンスによって素材を利用できる範囲や用途が異なります。(詳細は後述)

  1. 標準ライセンス
  2. 特別ライセンス

料金は以下の通り。

ライセンスの種類ダウンロード数(1年間)料金
標準5¥6,000
25¥28,000
特別5¥55,000
25¥205,000

画像定額プラン

このプランはその名の通り、定額料金(サブスクリプション)を支払うことで、決まった数の画像をダウンロードできます。

継続的に画像を必要とする場合に適しています。

ダウンロード数(1か月間)お支払いオプション料金
10年間プラン、月払い¥3,500 / 月
年間プラン、前払い¥35,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥6,000 / 月
50年間プラン、月払い¥12,000 / 月
年間プラン、前払い¥120,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥15,000 / 月
350年間プラン、月払い¥22,000 / 月
年間プラン、前払い¥200,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥25,000 / 月
750年間プラン、月払い¥25,000 / 月
年間プラン、前払い¥250,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥30,000 / 月
※ すべて「標準ライセンス」が適用されます

チームプラン

ライセンスの種類ダウンロード数(1か月間)料金
標準750¥54,000 / 月

※ 大企業向けの「Enterprise」プランもあり(要問合せ)


動画プラン

動画プランは、以下の2つに大きくわけられます。

  • オンデマンド
  • ビデオ定額プラン

オンデマンド

ライセンスの種類ダウンロード数(1年間)解像度料金
標準5SD¥35,000
HD¥38,800
4K¥68,800
10SD¥65,000
HD¥75,000
4K¥128,800
25SD¥150,000
HD¥175,000
4K¥308,800
特別5SD¥71,500
HD¥78,000
4K¥104,000
10SD¥98,000
HD¥111,000
4K¥147,000
25SD¥178,500
HD¥208,000
4K¥285,000

ビデオ定額プラン

解像度は「SD, HD, 4K」に対応しています。

ダウンロード数(1か月間)お支払いオプション料金
5年間プラン、月払い¥10,888 / 月
年間プラン、前払い¥104,288 / 年
1か月単位、継続契約なし¥20,788 / 月
10年間プラン、月払い¥17,888 / 月
年間プラン、前払い¥178,888 / 年
1か月単位、継続契約なし¥38,800 / 月
20年間プラン、月払い¥21,888 / 月
年間プラン、前払い¥218,888 / 年
1か月単位、継続契約なし¥75,000 / 月

音楽プラン

音楽プランは、以下の2つに大きくわけられます。

  • オンデマンド
  • 制限なしの定額プラン

オンデマンド

オーディオタイプライセンスの種類料金
音楽標準¥5,200 / ライセンス
特別¥22,000 / ライセンス
サウンドエフェクト(SFX)標準¥550 / ライセンス
特別¥2,200 / ライセンス

制限なしの定額プラン

定額プランは、2タイプにわかれています。

  • Essential・・・Shutterstockにある13,000曲が対象
  • Premium・・・Essentialに加えて、PremiumBeat(Shutterstockの子会社で、高品質な楽曲のみを提供)の14,000曲が対象
トラックタイプお支払いオプション料金
Essential年間プラン、月払い¥2,000 / 月
年間プラン、前払い¥20,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥2,700 / 月
Premium年間プラン、月払い¥6,000 / 月
年間プラン、前払い¥60,000 / 年
1か月単位、継続契約なし¥7,500 / 月
※ 1日あたりのダウンロード数は最大40点
※ どちらのプランも「メタバース対応の没入型サウンドエフェクト」をダウンロード可
 

オンデマンドと比べると、かなりお得感がありますね。

エディトリアル

「エディトリアル」に分類されている素材は、原則、ニュースなど報道用です。ビジネス(商業目的)での使用は許可されていません。

プラン名ダウンロード数(1年間)料金備考
シングルダウンロード1¥22,200 / 画像1点あたりニュース、スポーツ、エンターテイメント、アーカイブの画像を、必要なときに入手
マルチパック25¥11,120 / 画像1点あたりニーズに合った、便利な画像25点パック(シングルと比較すると、48%割引。)

Shutterstock素材のライセンス【著作権問題を回避せよ】

まず、Shutterstockを使う上で絶対に理解しておかなければいけないことがあります。

それは、「Shutterstock素材はロイヤリティフリーである」ということ。

インターネット上では、「ロイヤリティフリー」というとわかりづらい印象を与えるためか、代わりに「著作権フリー」や「フリー素材」という言葉が使われることが多々あります。

しかし、「ロイヤリティフリー」と「著作権フリー」は本来異なるものですので、注意が必要です。

「フリー素材」は定義がかなりあいまいで、誤解を招いてしまう可能性があります。「何がフリーなの?」という感じで。

「著作権フリー」と「ロイヤリティフリー」の素材

「著作権フリー素材」とは、著作権保護期間が過ぎていたり、著作権者が「これはみんなに自由に使ってほしい」といった思いを込めて、著作権を放棄している素材のことです。

サイトや配布者によっては「著作権フリー」と表記しながら、商用目的は不可としていたり、その他の制限がかけられている場合があります。それがトラブルの元となる可能性は十分あります。

特に、無料サイトはあいまいに表記されているケースが比較的多い印象を受けます。ですので、細心の注意を払う必要があります。

では、Shutterstockの「ロイヤリティフリー素材」はどうでしょうか。

Shutterstockでは、サブスクリプションの料金またはオンデマンドプランの料金を支払うことで、「使用許諾ライセンス」を得ることができ、指定されている範囲内であれば素材を自由に使うことできます。

言いかえるなら、「利用規約の範囲内で使用する権利を購入する」といった感じです。

標準と特別ライセンス

Shutterstock素材はすべて「ロイヤリティフリー」なのですが、「標準」と「特別」、2つのライセンスにわけられています。

ライセンスによって使用できる用途・範囲が異なります。

また、素材の種類(画像、音楽、動画)によっても内容に相違があります。

公式サイトに記載されている情報を元にして、ライセンス比較表を用意しました。

画像ライセンス

標準ライセンス特別ライセンス
ライセンス期限無期限無期限
使用可能地域世界各国世界各国
デジタル使用(ウェブサイト、携帯アプリ、ソフトウエア、電子書籍など)無制限無制限
印刷部数(書籍/雑誌、ポスターなど)上限500,000部無制限
法的補償画像1点に付き上限1万ドル画像1点に付き上限25万ドル
テレビ、オンライン動画、映画視聴者無制限(製作予算上限1万USドル)無制限
ウェブテンプレートまたは印刷テンプレート使用禁止使用可
商品販売使用禁止使用可
商業スペースの装飾使用禁止使用可
アウトオブホーム広告 (展示会/会議/看板/広告板/地下鉄広告など)上限500,000発行部数(視聴者数ではなくビューカウント)無制限
個人的、非商業的使用(再販、ダウンロード、配布、またはあらゆる種類の商業利用ではない)使用可使用可
ドル = 米ドル
 

YouTubeやSNSで使用するなら、ほとんどの場合「通常ライセンス」で十分そうですね。


※ エディトリアル画像には別のライセンスが適用されます。


音楽ライセンス

標準特別
ウェブウェブサイト、ソーシャルメディア(Facebook、Twitter、Instagram、TikTok、Twitchを含む)
オンラインストリーミング(YouTubeとVimeo)広告費が$5,000未満広告費が$5,000未満
企業動画と個人的な使用オンライン、ウエディング、コーポレート(企業・ビジネス向け)
アプリ、ゲーム、DVD無料または収益発生(アプリ内購入や広告収入を含む)最大1000回のコピーまたはダウンロード
ポッドキャスト無料または収益発生
映画&演劇映画、演劇、ライブパフォーマンス学生プロジェクトのみ学生プロジェクトのみ
テレビとラジオシリーズ、映画、ニュース、エンターテインメント、トークショーパイロット版および公共放送
広告単一の国
産業用途と店頭販売産業イベント、見本市、店内展示を含む単一の国
 

音楽の場合、標準ライセンスはYouTube、SNS、ポッドキャストなどの使用に限られていますね。

テレビやラジオは「特別ライセンス」一択です。

動画ライセンス

標準特別
ウェブ、ソーシャルメディア、アプリなどのマルチメディア視聴者数は最大500,000人使用制限なし
ウェブサイト使用制限なし
屋外広告最大インプレッション数500,000件
ライブパフォーマンス配信最大観客数500,000人
デジタルウェブテンプレート×

動画素材の標準ライセンスは制限が多めですね。

「視聴者数は最大500,000人」はチャンネル登録者数やフォロワー数ではありません。Shutterstock素材を使用した動画の「再生回数」です。

これを知った時、こう思いました。

「もし動画がバズって500,000回を超えたらどうすればいいの?」と。

気になったので、Shutterstockのサポートに問い合わせてみました。

すると、次のような回答が。

超えた時点でアップグレードしてください

つまり、標準と特別ライセンスの料金の差額を支払うことになるようです。

「500,000の上限」は、すべてのプラットフォームを合わせた数が適用されます。

例えば、YouTubeで400,000回、Instagramで100,000回再生されれば、上限に達することとなります。(これもサポートの方に聞いて確認済み)

これだけは言いたい。

「めんどくさっ」

※上記の内容は、2022年7月時点のものです。

本記事の内容は、あくまでライセンスの違いを理解し、どちらのライセンスが適しているのかを判断するためのものです。利用規約の代わりとなるわけではありません。

Shutterstockの良い点と残念な点

ここまで触れた内容や僕個人の感想・経験をまとめて、Shutterstockの良い点と残念な点を挙げていきます。

良い点

  • 他のストックサイトと比べて、素材(アセット)の数が圧倒的に多い
  • 日本人・日本関連の素材が多い
  • 新規素材の追加頻度が異常なほど高い
  • サイト全体で素材の質が高い
  • 運営歴が長く、老舗的な存在で信頼性が高い
  • 2003年から運営されているが古臭い感じはなく、サイトがアップデートされ続けていて使いやすい
  • 日本法人があり、日本語でサポートを受けられる
  • 高度な検索が可能で、求めている素材が簡単に見つかる
  • モバイルアプリのおかげで、インターネットさえ繋がっていればどこにいても使える

他のストックサイトと比べて、素材の数が圧倒的に多い

やはり「4億点以上」というのは、他のほとんどのストックサイトよりも圧倒的に高い数字です。

これだけの素材があれば、「〇〇がない!」と頭を抱えて他のサイトにいって探し回る、ということをしなくて済むでしょう。

少しでも手間を減らしたい方には、Shutterstockは本当におすすめのストックサイトです。

「数」に関連して、Shutterstockの興味深い「数字」をシェアしてみます。

  • 150ヶ国以上、210万人以上がShutterstockを利用
  • 新規で追加される画像は毎日20万点以上
  • 新規で追加される動画クリップ(映像素材)は毎週7万5千点以上
  • 動画クリップは合計2,500万点以上あり、そのうち1,300万点以上は4K動画
  • サービス開始からこれまでの有料ダウンロード総数は4,400万以上
  • サイト全体の素材のダウンロード頻度は、毎秒6点ほど

※ 2022年7月時点での情報です。

圧倒される数ですね…


日本人・日本関連の素材が多い

海外発のストックサイトでよくありがちなのは「日本人・日本関連の素材」が極端に少ないこと。

海外のサイトだと、日本人の寄稿者(素材提供者)が少ないので自然なことなのですが、日本の方をターゲットとしたコンテンツ作りには不向きな場合が多いです。

料金は安くても、求めている素材が見つからなければ損をしてしまいます。

Shutterstock(シャッターストック)は世界的に有名な企業&規模がバカでかいので「日本人・日本関連の素材」も大量に見つかります。

例えば、「日本」で画像検索すると 8,484,296点、「日本人」で検索すると 6,534,574点ヒットしました。

Shutterstockの「日本」の検索結果

サイト全体で素材の質が高い

写真や画像を持っていれば誰もがShutterstockの寄稿者になれるわけではありません。

Shutterstockの素材はすべて厳正に審査されており、品質の高いものばかりです。

「人は見た目が9割」なんてよく聞きますが、コンテンツにおいても当てはまります。

デザインがダサい広告を見つけた時のことを想像してみてください。

「この会社は信用できるんだろうか」「商品は本当に安全なんだろうか」「他社ならもっと良い商品出してるでしょ」といったネガティブが感情が湧いてくるのではないでしょうか。

せっかく時間をかけて内容が良いものを作るなら、見た目も大切に。


Shutterstockは運営歴が長く、老舗的な存在で信頼性が高い

Shutterstockは、2003年から業界をリードし、”信頼性があるストックサイト”としての地位を築き上げました。

Shutterstockを信頼している企業のロゴ一覧
Shutterstockの公式サイトより

世界の大手企業は事前にちゃんとした調査をし、「Shutterstockの素材を使っておけば著作権のトラブルに巻き込まれることはない」と確信を持っているはずです。

なぜなら、企業規模が大きければ、著作権侵害1つで莫大な損害を被り、取り返しのつかない問題となりえるからです。

このように考えると、Shutterstockは信頼に値するサイトと言えます。


日本法人があり、日本語でサポートを受けられる

Shutterstockはアメリカ発ではありますが、日本法人もあります。

日本法人名は「Shutterstock Japan合同会社」。2015年に設立されています。

何か不明点があれば、メールや電話で日本語サポートを受けられるので安心です。


残念な点

  • プラン内容や料金が少し複雑
  • 不満を抱えている寄稿者が多い
  • 画像と動画は1点だけの購入ができない

不満を抱えている寄稿者が多い

2020年、Shutterstockは寄稿者(素材を提供している人)に対する報酬金額を改定したことで、”炎上”と言えるほど多くの寄稿者が不満を口にしました。

Shutterstockは寄稿者がいてこそ成り立つビジネスなのに、寄稿者を大切にしないのは残念ですね。

優秀な寄稿者が販売を停止する事態となれば、利用者にとっても明らかなマイナス。

近年はShutterstockのライバルが続々と出現して、以前よりも厳しい状況に立たされているのは理解できます。

ただ、寄稿者が離れていくレベルの改定を一方的にするのは、長期的にみてどうなんだろう、と不安になります。

画像と動画は1点だけの購入ができない

Shutterstockには数多くのプランが用意されている一方で、画像と動画の「1点買い」はできません。

1つのプロジェクトのためだけにShutterstockを利用したい方にとっては不便ですね。

最後に

Shutterstockには前述したような残念な点がある上に、料金は他のいくつかの競合サイトよりも高く設定されています。

ですので、コンテンツ作りをしているすべての人におすすめできるストックサイトではありません。

ただ、Shutterstockにしかないユニークなツールだったり、便利な機能があったり、素材数が圧倒的に多かったりと、良い点もいくつもあります。

「量・質・機能性・信頼性」がどれも高いことで、大手企業から選ばれているのは納得できます。

「低価格」よりも、こういった点を重視する方には、Shutterstockはおすすめできるストックサイトです。


>> Shutterstock の公式サイトはこちら


Shutterstock
総合評価
( 4.3 )
メリット
  • 他のストックサイトと比べて、素材の数が圧倒的に多い
  • 日本人・日本関連の素材が多い
  • 新規素材の追加頻度が異常なほど高い
  • サイト全体で素材の質が高い
  • 運営歴が長く、老舗的な存在で信頼性が高い
  • 2003年から運営されているが古臭い感じはなく、サイトがアップデートされ続けていて使いやすい
  • 日本法人があり、日本語でサポートを受けられる
  • 高度な検索が可能で、求めている素材が簡単に見つかる
  • モバイルアプリのおかげで、インターネットさえ繋がっていればどこにいても使える
デメリット
  • プラン内容や料金が少し複雑
  • 不満を抱えている寄稿者が多い
  • 画像と動画は1点だけの購入ができない

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ