MotionVFX – mChannel Clean DVを徹底レビュー!おしゃれな動画素材の宝庫?

mChannel Clean DV

本記事は商品を提供いただき執筆しています。

本記事は、以下のように思っている方におすすめです。

  • おしゃれな動画をカンタンに作りたい
  • ミニマルでモダンなデザインが好き

Hayato(編集長)

最近、おしゃれなモーショングラフィックスのテンプレート集に出会いました。それが、この記事で紹介する「mChannel Clean DV」。

これさえあれば、オシャレで高いセンスが感じられるYouTubeやSNS動画を作ることができます。それもカンタンかつ短時間で。(とはいえ、実際に使ってみて、短所も見つかりましたが)

この記事は、「モダンでミニマルな雰囲気の動画を作りたいけど、どうすればいいのかわからない!」というふうにお困りな方にこそ、読んでいただきたい内容となっています。


タップできるもくじ

mChannel Clean DVの注目すべき特徴

「mChannel Clean DV」は、便利でおしゃれな動画テンプレートがたっぷり詰まった、DaVinci Resolve向けプラグインです。

まずは公式の紹介動画をご覧ください。この動画では、プラグインに含まれるテンプレートが実例として使用されています。

公式動画を見るとすぐにわかるかと思いますが、全てのテンプレートのデザインは「クリーン、ミニマル、モダン」で統一されていて、センスの良さが際立っています。

SNSの広告動画で使っても違和感がないレベルですね!


また、高品質な動画テンプレートを提供していることで有名な「MotionVFX」が制作しているだけあって、隅々まで洗練された仕上がりとなっています。

MotionVFXは、Appleの公式サイト(Final Cut Proページ)でも紹介&推奨されているブランドのうちの一つです。


「mChannel Clean DV」には、計59点のテンプレートが含まれていて、いくつかのタイプに分かれています。

ざっくり挙げると次の通り。

  • タイトル
  • ローワーサード(テロップにモーションが付いたもの)
  • イントロ(オープニング動画)
  • オーバーレイ
  • バックグラウンド(背景)
  • トランジション
  • YouTubeやSNS用の素材
  • アドオン

とはいっても、文字だけだとイメージが湧きづらいですよね。ですので、実際に動画をいくつか作ってみました。

【タイトル集】


【ローワーサード集


【トランジション集


【YouTubeやSNS用の素材集


種類が多い上に、どれも使い勝手が良さげですよね。


その他、バックグラウンドやオーバーレイ等もあります。全てお見せすると、かなり長くなってしまうので、ここでは省略させていただきます。

一応、公式ページでは、全素材のプレビューを確認することができます。

>> 公式ページですべての素材をチェックする


ちなみに、mChannel Cleanは、Final Cut Pro版もあります。実はFinal Cut Pro版の方が先に販売が開始されていて、今では最も人気のあるMotionVFX製品のうちの一つとなっています。

>> Final Cut Pro版はこちら


料金はいくら?

mChannel Cleanの料金は、$89。日本円に換算すると、1万円ほどですね。

これが高いか、安いか、というのは意見が分かれそうですが、僕は「安いと思う派」です。

そう考える最大の理由は、同じようなものを自分で作ろうとすると、莫大な時間と知識が必要となるからです。

モーショングラフィックスのテンプレートを自作した経験があるのでわかりますが、「mChannel Clean」のレベルは、控えめに言っても高すぎ。一人の制作者ではなく、プロ集団が相当な労力を費やして作り込んでいるのでしょう。

ですので、これが約1万円の買い切りなのは、かなりお得です。

自分で作る時間があるなら、別のコンテンツ制作に注力して収益を上げる方がよっぽど効率的ですよ。(モーショングラフィックスデザイナーとして生計を立てるなら話は別ですが)


ちなみに、MotionVFXでは、まとめ買いすると割引が適用されます。ですので、他にも気になるプラグインがあれば、まとめて購入するのがおすすめです。

以下の例だと、3点まとめ買いで、20%の割引が適用されています。そして「もう2点追加すれば30%OFFになる」というメッセージもみられます。

MotionVFXの割引例
3点で20%OFF、4点で30%OFF

居住国によってはVAT(付加価値税)が適用されます。日本の場合は現時点で10%。

実際に使ってわかった長所と短所

では、実際に使ってわかった長所と短所をまとめて挙げていきます。使う前だと予想できなかったことや気づかなかったこともありましたので、購入を検討される方にとって有益な情報となっています。


長所リスト

とにかくオシャレでミニマル

MotionVFXのテンプレートとArtgridの動画素材
Footage by Artgrid

ミニマルなデザインなので、幅広いシチュエーションで違和感なく使えると感じました。

飽きがこないデザインなので、数年後見返しても

え、ダサッ

とならないです。黒歴史とはおさらば。恥ずかしい思いをしなくて済みますね。

iPhoneやMacBookなどのApple製品が良い例。無駄を一切省いたデザインで、数年後でも違和感がありません。

特にMacBookは5年ほど大きなデザインの変更はありませんからね。Apple信者じゃないと違いに気づかないレベル。

mChannel Clean DVも似たようなもの。デザインセンスは必要ありません。


あと、使ってみて気づいたことが1つ。

YouTubeやSNS用の素材を使って「いいねやチャンネル登録のお願い」をする時に、しつこい感じが出づらいです。サラッとクールに視聴者を誘導できます。


編集・カスタマイズの自由度が高い

MotionVFX素材の設定項目

思っていたよりもカスタマイズの自由度が高くて、自分好みに編集できます。

例えば、フォントは、PC(MacやWindows)に搭載されている好きなフォントを使えますので、日本語でも問題ありません。

文字の大きさや色の変更はもちろん、いらない要素(文字や図形)を非表示することも可能。これは意外と重宝します。

アニメーションのオン・オフの切り替えもできたりします。

僕がこれまで使ったことのある他のテンプレサイトの素材よりも、細かな設定ができます。まさに「かゆいところに手が届く」という感じ。

※ 素材によって変更できる項目は異なります。


YouTube動画に便利な要素が大抵そろっている

「mChannel Clean DV」には計59点、複数カテゴリーのテンプレートが含まれています。ですので、YouTube動画で使えそうなモーショングラフィックスは大抵そろっている感じです。

つまり、このプラグインがあれば、動画の世界観・雰囲気を統一させることが容易となります。

複数のサイトでテンプレートを探す手間を省けるのは助かりますね。


短所リスト

次は短所(デメリット)を挙げていきます。

設定項目名が英語

MotionVFX製プラグインの設定項目は全て英語で表記されています。ですので、最初は困惑してしまうかと思います。

DaVinci Resolveを使い慣れていれば、すぐに使いこなせますが。

項目の表記は英語ですが、テキストは日本語フォントで使用可能。お使いのパソコンにインストールされているフォントが使えます。


性能の良いPCでないとカクつきが目立つ

モーショングラフィックスは通常、PCのパワーをそこそこ必要とします。その結果、性能がよろしくないPCだと、動作が重くなってカクカクしたり、作業が進まなくなったりします。

MotionVFXのモーショングラフィックスも例外ではありません。

mChannel Clean DVの公式ページでは、次のスペック以上のPCが必要であると記載されています。

  • メモリ: 16GB
  • VRAM(GPUメモリ): 4GB

もし動作が重くなった場合、次の2つの対処法を試してみてください。

  1. タイムライン解像度を落とす
  2. GPUアクセラレーションをオンにする

【タイムライン解像度を落とす】

DaVinci Resolveではタイムライン(プレビュー映像)の解像度を、1/2または1/4に設定できます。

上部メニューバーの「再生」→ 「タイムラインプロキシモード」からお好みの設定を選択しましょう。

DaVinci Resolveのタイムラインプロキシモード

【GPUアクセラレーションをオンにする】

GPUアクセラレーション」は有料版のDaVinci Resolve(DaVinci Resolve Studio)のみに搭載されている機能なのですが、これをオンにすることで動作がスムーズになります。

GPUアクセラレーション」についての解説は、以下の記事でしてあります。


僕の場合、この2つの対処法を適用したことで、劇的に動作が軽くなりました。


以上の特徴・長所・短所を考慮すると、mChannel Clean DVは次のような方におすすめです。

mChannel Clean DVはこんな人におすすめ
  • おしゃれでミニマルなスタイルが好きなYouTuber
  • ライフスタイル系Vlogger
  • SNSインフルエンサー
  • メモリ: 16GB、VRAM: 4GB以上のPCをお持ちの方

mChannel Clean DVの購入方法

STEP
mChannel Clean DVの公式ページを開く
STEP
「BUY NOW」をクリックして、カートに追加
mChannel Clean DVをカートに追加
STEP
カートへ移動(GO TO CART)
カートへ移動
STEP
利用規約(CONDITIONS)を確認し、「I ACCEPT CONDITIONS(利用規約に同意します)」にチェックを入れる
MotionVFXの利用規約
STEP
「PAY」をクリックして、お支払いページへ
お支払い画面
STEP
ログインまたはアカウントを作成する
ログインページ

【ログインする場合】

メールアドレス(E-mail)とパスワード(Password)を入力して、ログイン(SIGN IN)する。またはサードパーティアカウントを使ってログイン。


【アカウントを作成する場合】

アカウント作成方法は2つ。

  • FacebookやGoogleなど、サードパーティアカウントと紐付けて作成
  • メールアドレスとパスワードを入力して作成

Googleなど、サードパーティアカウントと紐付けて作成する場合は、「Continue with」の下にある、各ブランドが書かれたところをクリックしてください。

すると、それぞれの公式サイトへ飛びますので、そちらの指示に従ってください。


メールアドレスとパスワードを入力して作成する場合は、「CREATE ACCOUNT」をクリックして、アカウント作成ページへ移動します。


アカウント作成ページ
アカウント作成ページ

次の手順でアカウントを作成します。

  1. メールアドレスを入力する(E-mail address)
  2. パスワードを入力する(Password)
  3. パスワードを再入力する(Password confirmation)
  4. 「利用規約に同意します(I ACCEPT CONDITIONS)」にチェックを入れる
  5. アカウント作成ボタンをクリックする(CREATE ACCOUNT)

STEP
居住国(Japan)が正しく選択されていることを確認する
居住国の選択と確認ページ

正しければ、「Continue」をクリックして、次へ進みます。

STEP
お支払い方法を選択する
お支払い方法の選択ページ

お支払い方法は、3つあります。

  1. クレジットカード
  2. PayPal
  3. Google Pay

クレジットカードを選択する場合は、次の情報を入力します。

  • カード番号
  • カード名義人
  • 有効期限(MM/YYYY)
  • セキュリティコード(CVV)
クレジットカードの情報ページ

入力が終わったら、「Pay Now」をクリックします。

「PayPal」または「Google Pay」を選択する場合、それぞれの公式サイトの指示に従います。


これで購入完了です。次に、mChannel Clean DVをDaVinci Resolveで使えるように、インストールしましょう。

mChannel Clean DVの使い方

mChannelをDaVinci Resolveを使うには、まずは「mInstaller」という管理プラグイン(インストーラー)をダウンロードして、インストールする必要があります。

mInstallerは完全無料ですので、ご安心を。

mInstallerを使えば、購入済みのすべてのMotionVFXプラグインをカンタンに管理できます。

例えば、プラグインの調子が悪い時に再インストールしたり、不要なプラグインをアンインストールしたり。これらをたったのワンクリックでできます。


mInstaller」をダウンロード&インストールする方法

では、「mInstaller」をダウンロード&インストールしましょう。

STEP
公式ページからMacまたはWindowsを選択してダウンロード
STEP
ダウンロードしたインストーラーを開いて、mInstallerをインストール
mInstallerをインストール
STEP
mInstallerを起動して、ログインする
MotionVFXにログイン
STEP
ライセンス(使用許諾)を読んで、「Accept(同意)」をクリックする
MotionVFXの利用規約
STEP
これで、mInstallerのインストールが完了
mInstaller

mChannel Clean DV」をインストールする方法

続けて、mChannel Clean DVをインストールしましょう。

方法はカンタンで、mChannel Clean DVのセクションにある「Install」をクリックするだけ。

mChannel Clean DVをインストール

水色の「Install」が灰色の「Installed」に変われば、インストール完了です。

これで使用する準備が整いましたので、DaVinci Resolveを起動しましょう。


DaVinci Resolveで使ってみよう(編集・カスタマイズ)

使用するときは、DaVinci Resolveのエフェクトライブラリで「mChannel」と入力して、エフェクトの絞り込みをするといいですよ。

DaVinci Resolveのエフェクトライブラリ

すると、mChannel Clean DVの素材・エフェクトの一覧が表示されます。

あとは、他のDaVinci Resolveのエフェクトと同じようにカスタマイズするだけ。

「カスタマイズ方法を詳しく知りたい!」という方は、公式のチュートリアル動画をチェックしてみてください。英語ですが、ものすごくわかりやすく解説してあります。

英語苦手なんだけど…

もし英語が苦手なら、YouTubeの日本語字幕を表示すれば大丈夫ですよ。

YouTubeの日本語字幕の設定・表示(MotionVFXによるチュートリアル)
日本語字幕の設定・表示

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる