Final Cut Proを安く購入する方法を徹底的に調べてみた

本記事は、次のように思っている方におすすめです。

  • Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)の購入を検討している
  • Final Cut Proを使ってみたいけど価格が高くて困っている
Hayato(編集長)

Appleが開発・販売する動画編集ソフト「Final Cut Pro」。
MacBookを手にしたからには Final Cut Pro もあわせて使いたいですよね。

Final Cut Proの通常料金は「¥36,800」。

Final Cut Proは買い切りなので、サブスクリプション型であるAdobeソフトと比較するとまだお買い得ですが、それでも一括で3万円以上を支払うのはなかなか厳しいです。

「少しでも安く購入する方法はないか」と思い、徹底的に調べてみました。
この記事では、今回得られた有益な情報をすべて公開します。

※ ネット上で見つけた怪しい手法は排除しています。

タップできるもくじ

Final Cut Proをお得に買う方法

方法は3つあります。

  1. Apple Gift Cardを使って購入する
  2. ポイント還元率の高いクレジットカードを使う
  3. 学生・教職員価格で購入する

Apple Gift Cardを使って購入する

Apple Gift Card – Apple

Apple Gift Card(Appleギフトカード)は、Appleのハードウェアやアクセサリ、アプリ、ゲーム、音楽、iCloud+のストレージなど、あらゆるApple製品・サービスの支払いに利用できるギフトカードです。

ギフトカードとはいえ、自分で購入して自分で使用することも可能。

3,000円、5,000円、10,000円といった決まった金額だけでなく、好きな額を指定できるバリアブルタイプのギフトカードも購入できます。(上限と下限あり)

Final Cut Proと同じ金額のバリアブルカードを購入することで、無駄なくカードを消費できます。

楽天市場から購入することで実質10〜20%OFFに!?

Appleギフトカードは、Apple実店舗やAppleオンラインストア、楽天市場などのECサイトなどで購入できます。

僕が心の底からおすすめするのは「楽天市場」。

楽天市場には「Apple Gift Card 認定店」というショップがあります。こちらでは、Appleギフトカードを販売しています。

「認定店」である点が安心できますね。

楽天といえば、ザクザク貯まる「ポイント」。

楽天カードや楽天モバイルなど、楽天グループサービスを併用することでポイントがたくさんもらえます。

他にも、「お買い物マラソン」で買いまわりをしたり、​​定期開催している「ポイントアップイベント」も活用することで、さらなるポイントを獲得できます。

ポイントアップを上手く使うことで、実質10〜20%OFFでAppleギフトカードを購入できるのではないでしょうか。

つまり、Final Cut Proをお得に購入できるようになります。

Apple Gift Card 認定店の購入者レビューとみると、次のようにレビューしている方がいらっしゃいました。

SPUと買い回りポイントアップで20%以上ポイントバック時に購入しています。今現在最も還元率が高い買い方なので今後とも重宝しそうです。

Apple Gift Card 認定店のレビュー – 楽天市場

早速、Final Cut Proと同額のギフトカードを買いたいところですが、残念なお知らせがあります…

それは、「初回購入〜45日は、1万円まで」と購入金額の上限が定められていること。

通常、楽天市場の「Appleギフトカード認定店」では、バリアブルカードは1,500〜50,000円まで1円単位で購入できるのですが、初回購入〜45日に限っては、1万円までしか購入できません。

詐欺を防止するための策であるようですが、普通に購入したいユーザーからするとデメリットでしかありませんよね。

Apple Gift Card 認定店には以下のように記載されています。

購入金額には制限があります。
・初回購入~45日:1万円まで ・46日~:1万円以上も購入可能
(ただし上限あり、15日前後でリセットされます)
※お客様の状況により、ご購入いただける金額は異なります。
※購入制限のリセットは通常15日前後ですが、それ以上かかる場合もあります。
※購入金額の上限やリセットについてはシステムの都合上お問い合わせいただいてもお答えすることができません。ご了承ください。

Apple Gift Card 認定店 – 楽天市場

初回購入から46日以降であっても、購入金額が多すぎると制限がかけられます。

そのため、楽天セールがある度に少しずつ購入して、新しいMacBookなどが発売された時に「実質割引価格」で買う方がいらっしゃるようです。これがいわゆる「Apple貯金」。

期間限定の楽天ポイントの期限が切れそうな時に、Appleギフトカードに変換しておくという手もあります。

少し脱線しましたが、Final Cut Pro目当てでAppleギフトカードを購入する場合は、46日間待つ必要があります。

ですので、この方法は気長に待てる方にオススメです。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使う

ポイント還元率の高いクレジットカードを使うことで、少しではありますがお得に購入できます。

Appleギフトカードをクレジットカードで支払えば、ダブルポイントが付いてさらにお得ですね。

楽天市場の「Apple Gift Card 認定店」+ 楽天カード が最強のコンボではないでしょうか。

先日解約してしまったのですが、「楽天プレミアムカード」だと楽天市場で買い物をすると +4倍の還元率だったりします。

特定の曜日や誕生月だと、さらにポイントアップ。

Final Cut Proの購入を機に、楽天プレミアムカードの発行を検討してみてもいいかもしれませんね。


学生・教職員価格で購入する

最後は、学生・教職員価格で購入する方法です。

Appleオンラインストア内には「学生・教職員向けストア」が設けられていて、Apple製品・サービスが格安で販売されています。

その中に、「学生・教職員向けPro Appバンドル」というものがあります。

学生・教職員向けPro Appバンドル – Apple

これは、5種類のプロ向けアプリのバンドルで、24,000円(税込)という破格で販売されています。

  1. Final Cut Pro(動画編集ソフト)
  2. Logic Pro(音楽制作ソフト)
  3. Motion(モーショングラフィックス制作ソフト)
  4. Compressor(エンコードソフト)
  5. MainStage(ライブ演奏用ソフト)

なんとしてでも手に入れたくなりますが、社会人にとってはかなり厳し目。学生・教職員向けなので当然といえば当然なのですが。

Apple公式の情報によると対象者は以下の通りです。

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
  • 大学受験予備校に在籍する学生
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

上記に当てはまる学生や教職員であれば、これ以上考える必要はありませんね。

僕のような一般的な社会人にとって希望があるのは「PTA役員」。学生の子どもがいる&PTA役員になることで、学割価格の対象となります。

PTA役員になるのは気が進まないですが、Appleの人気ソフトを破格で買えることを考えると、俄然やる気がでてくる(かも?)

一方で、子どもがいない社会人にとって何か良い方法はあるのでしょうか。

オンライン講座を受講すると「学生」になれる?

プロ向けソフトを開発・販売している「Adobe(アドビ)」の場合は、指定のオンライン講座を受講することで、学割価格でソフトを購入することができます。

僕は過去にこれを利用したことがあったので、「Appleでも同じようなことはできないか」とふと思いました。

しかし、必死に調べたものの、惨敗。

オンライン講座を受講するだけでは、Apple製ソフトを学割価格で購入できないようです。

実は、アメリカのAppleでは一部のオンライン講座が学割対象となっています。

ただし、アメリカ在住で現地からApple製品を購入する場合に限られますので、残念ながら日本では「オンライン学割」は適用されません。

僕は海外の「Apple学割が特典として付属する動画編集講座」を購入したのですが、アメリカに住んでいないため利用できませんでした。

日本のAppleサポートに問い合わせてみたのですが、やっぱり現地の人でないとダメみたいです。

学生・教職員価格で購入できない場合は、上記で紹介した他の方法を活用するしか手はなさそうです。

不正行為はやめよう

言うまでもないかと思いますが、不正な方法を使って学生・教職員価格で購入するのはやめましょう。

Appleの公式サイトには次のような記載があります。

6. 身分証明について

商品発送後であっても販売対象者である事の確認を再度実施する場合があります。販売対象者でない事が判明した場合、契約の成立に関わらずアップルは無条件でご注文のキャンセル及び契約の解除を行うことができます。また、アップルの選択により、 Apple Storeプライスに基づいた差額並びにその他損害金をお支払頂く上、法的措置がとられることもあります。

販売条件 – Apple

こういったリスクがありますので、定められたルールに従って購入しましょう。


Final Cut Proをお得に購入する方法 まとめ
  1. 楽天市場の「Apple Gift Card 認定店」で購入したApple Gift Cardを使う
  2. ポイント還元率の高いクレジットカードを使う
  3. 学生・教職員価格で購入する

今後、円安の影響で値上げが予想されます。購入するのであれば、早めに行動しておいた方がよさそうです。

Final Cut Proの基本情報

特徴Appleによって開発・販売されているプロ仕様の動画編集ソフト。
Appleシリコンが搭載されたMacコンピュータに最適化されていて、多機能であるにも関わらず動作が軽い。
また、Appleらしさが感じられるシンプルなUIで、動画編集初心者にも優しい作りとなっている。
対応OSmacOSのみ
通常価格¥36,800(税込)
記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ